上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「アップルとはすなわち一万の命を持つスティーブ・ジョブズです」 
チーフ・エバンジェリスト ガイ・カワサキ

スティーブ・ジョブズとはどのような人間なのか?
スティーブ・ジョブズとともにアップルを成功に導いてきた人物たちは、彼をどのように見ていたのか?

近しい人々が語った「スティーブ・ジョブズ」。
その証言の数々から、徹底しておのれの信念を貫くジョブズの生きざまが浮き彫りになる。




「アップルはつねにスティーブのキャラクターの最もよい部分、最も悪い部分を映し出していた」
「ジョン・スカリー、マイケル・スピンドラー、それに私は会社を維持してきたけれども、そのアイデンティティを大きく変えることはなかった。スティーブ・ジョブズとの関係については腹立たしいこともたくさんあるが、私が愛したアップルの多くの部分が彼のパーソナリティとつながっていることは認めざるとえない」
――P18 

前任CEO ギル・アメリオ


「私はスティーブの活力と熱意に引き込まれた。いまでも思い出す。彼のあの生き生きとした姿。歩いていると知能も全開で、ますます表情豊かになる」 ――P 28

前任CEO ギル・アメリオ


「ジョブズはとても強い意志の持ち主なので、相手はOKするか立ち去るかだ。アップルはそのように、つまりきわめて直接的、強制的に経営しなければならない。なんとなくできるものではない。問題に取り組むときのスティーブは徹底している」 
――P32

アドビ社 ジョン・ウォーノック


「スティーブはののりし合いをするわけでも、人を愚か者扱いするわけでもありませんでした。『得意であるはずのことに集中すべし』――ただそれだけです」 ――P35

チーフアーキテクト ピーター・ハディ


「機能性のために余分なボタンが正当化されることはありませんでした」 ――P70 

クリエイティブディレクター コーデル・ラツラフ



「スティーブのやり方がほかのみんなとちがうのは、最も重要な決定は何をするかではなく何をしないかを決めることだ、と信じていた点だ」
 ――P80 

元CEO ジョン・スカリー


「スティーブ・ジョブズは市場調査をしません。スティーブ・ジョブズにとっての市場調査とは右脳が左脳に話しかけることです」 ――P84 

チーフエバンジェリスト ガイ・カワサキ


「彼は実際、何もつくりはしなかった。でも、彼がすべてをつくったんだ」 ――P142 

元CEO ジョン・スカリー



「彼はメンバーをその限界まで追い込み、その結果、メンバー自身が自分たちの能力に驚くことになる。人々から最高のものを引き出すにはどうすればよいか、それを正しく理解する生まれつきの才能が彼にはあった。みずからのもろさを認めてメンバーをおだてる。妥協を許さない精神が浸透するまでメンバーを叱責する。持ち上げたりプライドをくすぐったりして彼らをなだめることもあった。まるで子どもを認めてやる父親のように」 
――P191 

元CEO ジョン・スカリー


「スティーブは後戻りできない状況に自分を追い込むんだ。そうすればもうやるしかないからね」 ――P240 

ハードウェア部門、iPod部門責任者 ジョン・ルービンシュタイン
スポンサーサイト
2008.10.23 Thu l スティーブを取り巻く人々 l COM(4) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。